miho-ikegami's diary ~龍の瞳、バンビの泪。~

基本、私が過去SNS等へ書いた文章で、社会に向け遺したいものを格納しています。本人詳細は下記プロフィールの私のID部分をクリック。 🌻👼🍀

ネットに限らずヘイトは。

五体満足で何処へでも出向いて行けるのに、 ネットでちまちまイヤガラセ書いてる連中は、 只の変態だ。 🐦🐲👼🍀🐾👻

四悪道まっしぐらの人に思ふ。

政権与党というのは、三善道をも本来進むべき人たちなのでしょうに、今の自民党さんというのは、その精神自体が四悪道まっしぐらになってしまっているのは、何故なんでしょーね。。(自民党にひよっていたから、公明党も同じ穴のむじな的に、今なってしまって…

毎朝毎晩このブログをチェックせずにはいられない、ネットストーカーの、上妻マツミさんや一部卑怯者の音楽家の方々へ。

毎日、ご苦労様ですね、(´・ω・`) そんなにご自分で考えてネットに書き込んだり身内に自慢話として披露するネタがないのですか (皆さん揃って、自慢話、好きでしたもんねぇ。) このブログの文章及び内容をパクるのでしたら、 きちんと著作権料金は払ってもら…

ビジネス誌の劣化と、ハラスメントと今の政権。

最近の、ビジネス経済誌に、屡々、人の心の不穏を感じる。。 少し前から「社内の人のあら捜し」的な記事が躍っていた。そしてつい最近には、某皇族の婚約相手を「うまくやりやがって」的な内心満載の記事が、早速に躍っていたからだ。。 私は、社会人になっ…

自民党の「選挙妨害」発言に、思ふ。

自民党の「選挙妨害」発言。(・ω・) 前川前次官に、あれだけの失礼な「印象操作による信用妨害」を、“政権の保身”のために策しておいて (更には、誤魔化しまくりの対応で“疑惑隠蔽”を数々しまくっておいて)、 今さら、何処の口が言うてんねん❕ (・_・) 、 と…

協力下さる皆様へ、経緯状況説明など。

某ブログサイトに、3つのブログを開いています。 ①は音楽ブログで、そのサイトで私のIDから繋がるのは、そのサイトのシステム上、このブログだけです。②は、徒然ブログで、社会に向けて遺しておきたい想いを載せています。③はほぼ休眠ブログです。笑。 今ま…

外ム省にいたアガツママツミさんと、アクトク系官僚の皆さん、それらと仲よいザンネンな政権の皆さん。(ネットストーカーを私に続ける限り、私は真実を公にする。)

ふとしたひと(動物も含めて)の優しさに 感動する。多くの人が知っていることだ。 だのに、平然と、人をおとしめたり、みくだしたり、故意の風評を流す人がいる事に、 毎回びっくりするしウンザリする。 何考えてんの?としか言い様が無い。 余程、心が近視で…

昔々の科学者がなぜ占星術も研究していたのか、侮蔑する人々は知っているのだろうか?

西洋占星術って、ある意味数学的でもあって、バッサバッサと斬ってゆくものでもあるんです。それを、占い師さんそれぞれの経験値と柔らかな心の装飾材で、伝えるべきプレゼントの形としてゆく。。私の感覚では、西洋占星術はそんな形のもの。 だから、その装…

「結果」って、只の こんなもん。

結果とは、 努力と その時の運勢の 掛け算 だからね。 (´・ω・`)

恩の行方。

人も、弱者も、 何故きちんと働いて自立をしたいのかと言えば、 それまで御世話になった人たちに恩返しをしていきたいから、 だと思うんですよね。。(・・) 最終的には。 それを、単なる我欲保身で邪魔をして阻んでくる人達って、 ホント、人非人な事をして…

何処にもない。

人の声を奪うのは 病気の身体だけやない、 人が 人の声を奪うんや、

あなたを呼ぶひと。

人が、結婚をするのは、 呼んだら 振り向いてくれる人が ほしいからかも知れませんね。 💐

悲劇の生まれるところ。

ものごとは、 「有る」者から見れば 悲劇な事も、「無い」者から見れば 十二分に幸福な事だったりもする。 だが資本主義社会に慣れた人々は往々にして「有る」者の目線でしか切り取らない。そこから歪みや悲劇が発生するにもかかわらず。 つまり「有る」者の…

社会の偏りの原点かな。。

世の中って、 成功した人の意見しか聴かないからね。 偏ったことはいつだって、 それが「真実」とは言えない。 時々見掛ける、へんな議員さんの不祥事などは、 それを立証している。。 有名無実にだけはなりたくないと、 そういえば、幼い頃に強烈に思ってま…

運 について。

運というのは、「その人の持っている良い資質素養を 培養出来る人に、出逢えるか」ということ、なのかも知れないね。。(・ω・) 👼🍀🐲

賢い人と 昨今の政治。

本当に賢い人というのは、他人を陥れている暇はない事が恒だ。人生の時間には限りがあるからね。 いじめも陥れも中身は同じだが、それを行う人は、たとえ時間的には多忙をきわめていても、「心がヒマ」なのだ。 最近の国会が、「心がヒマ」な人の多勢で占め…